河内晩柑の食べ方・剥き方

■河内晩柑は皮が厚いのですが、白いふかふかした部分が多く意外と皮が剥きやすいのです。
 果汁が豊富なので房をわけるときに果汁が漏れることもあるので皮を剥いたら丁寧に房を分けて、みかんのように種を取って食べます
 薄皮ごと食べるとほろ苦さが加わり、果汁の甘さも強く感じますし、皮の食物繊維は健康によいので丸ごと食べています。

■苦味が苦手という方なら、写真下段のように背の部分から包丁を入れてから種を取ります。
 そうするととても食べやすいのです。しかも皮に口が触れないので苦味を感じずに、純粋に河内晩柑な爽やかな酸味と甘味が楽しめます。
 これは八朔や甘夏の食べ方も同じです。

■実は・・・皮と実の間にある白い部分。*この部分はアルベドと呼びます。
 ふわっとした舌触りに、ほのかな苦味と甘み。私はこの味が楽しめるから河内晩柑が好きだとも言えます。
 調べてわかりましたが、この部分は食べた方が得します。
 この部分にビタミンPというポリフェノールの一種が含まれていて、毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、
 抗アレルギー作用、発ガン抑制作用があるそうです。続きは、ビタミンP+皮」で検索してみてください。

オレンジピールやマーマレイドにしてもおいしい柑橘果物です。皮を剥く前にたわしでゴシゴシと洗っておきましょう。

ただいまFacebookのいいね!募集中。参考になりましたらいいね!をお願いします。

河内晩柑の皮の剥き方

肩の部分を切り落します。 お尻の部分を切り落します。 縦に切れ目を入れていきます。6分割ほど。
肩のほうから親指を入れるとふわっと剥けます。 中身を傷つけないように次々と。 皮が剥けたら肩の中心から注意しながら親指を差し込んで。
力が入るところまできたらパカっ。房を丁寧に外します。 背の部分に包丁をあてて。 押し付けずに押して引く。
途中まで切ったら開きます。 種を取って、 そのまま口に入れる。あーおいしい。
こんな剥き方もネットで見かけました。 指を差し込んでぐるりと。 きれいに剥がれました。これで「種入れ」が完成。



<PR>全国有機農法連絡会では安心な河内晩柑のほか、おいしい果物を販売しています。無農薬の玄米も人気です。

さくらんぼ 通販尾花沢スイカすもも 大石早生
ハウスの庄内砂丘メロン山形の桃「あかつき」だだちゃ豆の通販 ご案内

河内晩柑の食べ方・皮の剥き方 Copyright 有機野菜の宅配 全国有機農法連絡会 All Rights Reserved.